住人の体格に合った家具を選ぼう!
こんにちは、千葉まどか◆おしゃれ部屋エバンジェリストです。

 

実家のインテリア見直し

しばらく前のことですが、
ワタクシの実家のブラインドが気が付けば超ボロくなっていた
(昔のオフィスみたいな、シャキンシャキーンってなるヤツ)
のを新しいのに替えたり、ちょこちょこインテリアの見直しを手伝っていました。

sIMG_2830
 

 

sIMG_2831
 

 

sIMG_2832
 

あはは…写真つまんないねー (^_^;)

 

今のブラインドも変わらずアルミ製なのですが、
昔みたいに金属感まるだしではなく、あたりがやわらかくて、

色も

プリント
ソフトグレー

 

プリント
ニュアンスブラウン

 

プリント
マットグレージュ

(すべてタチカワブラインドのアフタービート)

 

などと、小ジャレた色が揃っているんですよね。

ブラインドメーカーも頑張ってますなぁ (・∀・)!

 

小柄な母のリクエスト

リビングルームの革のソファ。


 

ずいぶん年季が入っていい感じだと思っていたのですが、
シープスキンを敷いているのは実は革が破けているのを隠していたり、
ベースの木枠(?)が折れているのか、座ると部分的にヘコんだり、
ということで、ソファも新調することになりました。

これは別の部屋で使い続けるみたいだけどね

 

母の身長は150cm台前半、年を取ってもしかして今は150cmぐらいかもしれません。

ガイジン仕様のソファだと背中がおそろしく空いてしまい、
どのように座っていいかわかりません。

なので母の要望は、
座面の奥行きが50cmぐらいの浅いソファ。

(こういうところにこだわるところが、私と似てる?)

(ていうか、父の意見はまったく聞かれないわけですが…)

 

おっしゃっていることはよくわかります。
しかし、それが・・・なかなかないんですよっ、奥さん!

奥行きが深いほうが見た目カッコいい感じがしますから、
ほとんどのソファはもっと深い。

奥行きだけでなく、幅のご希望もいただいていますし、
デザインもなんでもいいというわけではないでしょうから・・・
もしかすると見つけるのは難しいかもしれませんよ、お客さん。

 

リッツウェルはなかなか良いです

 

ありました~( ̄▽ ̄)=3

 

sIMG_2983
 

じゃん

 

sIMG_2976
 

 

sIMG_2982
 

座面の奥行きはこの通り、約50cm。
だけど背中のクッションがボリュームあって貧相には見えない。

 

sIMG_2980
 

アームにカーブが付いてたりして、なかなか凝ってます。

 

私が座っても、背中がしっかりクッションにフィットして、
とても座り心地がよかったです♪

 

 

こちらは、

header_logo_right

 

リッツウェルというブランドの、「ヴィンセント」というソファ。

リッツウェルは、日本のメーカーです。

新築マンションのインテリア販売会などで見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、
フラッと入るようなショップがあるわけではないので、一般の方にはあまり知られてないかも。

インテリアコーディネーターにとっては、馴染みのあるブランドです。

 

落ち着いた大人っぽい家具が揃っていて、私のお気に入りはこちら。

 

RI_1225

 

 

ラウンジチェア RIVAGE

 

DIANA_1623

 

ソファ DIANA

 

しっかりした品質のブランドで、おすすめです。

 

 

ソファがあるのに、ついついソファを背もたれにして床に座ってしまうという方、
もしかすると座面の奥行きが深すぎて疲れるからかもね (・∀・)

 

 

nest interior
本店はこちらから
 

nest interior
楽天市場支店はこちらから
 

お楽しみいただけたらクリックを
にほんブログ村 インテリアブログへ 人気ブログランキングへ
2つのブログランキングへのリンクとなっていて、それぞれランキングサイトが開きます。
クリックでこのブログに投票され、順位が上がります。