スポンサーリンク

以前ご紹介した、わたくし愛用のPePeチェア。

$部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-pepe1
さて、これにどんなテーブルを合わせましょうか。

ショップでよく推奨しているのが、PePeチェアと同じデザイナー、村澤一晃さんのMMテーブル

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-MM table
本来はセットではないのですが、足の形状などもよく合ってますし、
なんといってもアームがあるPePeチェアをテーブルの中に格納できるという点で、
おすすめとのこと。

ん?? 意味、おわかりになりましたでしょうか。

普通、ダイニングチェアから立って席を離れるとき、椅子をテーブルの下に押し込んで、
背もたれがテーブルの縁までぴったり寄った状態にしますよね。

ところが、アームのあるチェアの場合、合わせるテーブルによっては、
アームがぶつかって入らないことがあるのですよ!

なるほど。その点では確かにMMテーブルはいいけど、、

・なんかチェアと合いすぎちゃってフツーすぎ?
・お値段高い(サイズによって、12万円ぐらい~)

ということで、もう少し探してみることにしました。

いろいろ探して・・・これは!というのがありました。

こちらです!

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-d table カリモク60+ Dテーブル 65,100円

カリモク60というブランドは、インテリア好きの方ならきっと聞いたことがあるかと思います。

愛知県刈谷市の老舗家具メーカーのカリモク

ツルモク独身寮/窪之内 英策

509円 Amazon.co.jp
※舞台となったのがカリモクです♪

で1960年代に作られていた、流行に左右されない普遍的な定番商品を復刻したブランドです。

このDテーブルは、70年代に製造されていたDチェア(上の写真のチェア)に合わせるのに最適
というコンセプトで6年前に新しく作られました。

ところが、セットのはずなのに、テーブルの中に椅子が格納できない(笑)!

あはは~

ということで、それを知って、私も腹が決まりました。

アームが当たってテーブルに格納できなくたって、この際いいじゃないか。

常時椅子が半分飛び出した状態になるわけですが、
それだけのスペースがあれば問題ないですし、
椅子のフォルムをいつも眺めることができて、むしろいいんじゃないかと。

考えてみれば、フツーのダイニングセットって、椅子が見えなくてつまらないですよね。
(発想切り替えすぎ?)

そこさえ越えれば、MMテーブルで躊躇した点はばっちりクリアしています。

・一般的なダイニングテーブルとは一線を画す個性的なデザイン
・65,100円なら、ダイニングテーブルとして安い

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-d table 2 横から見たところ。きれいですね!

天板が白でメリハリがあって、部屋が明るく見えますし、
メラミン化粧板なのでよごれてもサッと拭くだけのカンタンお手入れ♪

サイズもW1000×D800と、ダイニングテーブルとしては最小で一人暮らしにぴったり!
それでいて来客時などは4つの辺にそれぞれ座れば、4人までしっかり食事できる大きさです。

そして、さらに選ぶ決め手となったのが、その66cmという低さです。

これが、食事だけでなく、PCを使ったり、何か書いたり、コーヒーを飲んだりする
多目的用途に万能の高さなんです!

とってもくつろげて、長時間座っていても疲れません。

皆さんの実家は、リビングルームがあるのに来客時しか使わず、
家族はいつも食卓でずーっと過ごしているのが習慣のご家庭ではないですか?
(子供のとき、そーゆーお宅をよく見かけましたので)

もしそうだったら、一度テーブルの高さを測ってみてください。
きっと低い(60cm台)はずです。

あの居心地の良さは、現在主流の70cm以上のダイニングテーブルからは生まれません。

どうしてそんなに高くしちゃったんでしょうね?
日本人の平均身長が昔よりは高くなったとはいえ、座った状態で考えれば、
テーブルの高さをそこまで変えるほどではない気がするのですが。。

特に今使っているテーブルがなぜか疲れるという方、
次回は低めを選ぶことをおすすめいたします。

ということで、拙宅の仕上がりはこうなっております!

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-dining
いかがでしょうか。違和感ない組み合わせでしょ?

大人気のPePeチェアですが、Dテーブルと組み合わせている例は
見たことがありません。

ちょっとした自信ありコーディネートです♪

<関連記事>
デザインと無垢材のマリアージュ! – 宮崎椅子製作所
あなたにぴったりの椅子と机の高さの計算方法
お悩み相談:ソファでお食事したいの♪

お読みいただいてありがとうございました!
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
応援の1クリック、ぜひお願いします♪

スポンサーリンク