スポンサーリンク

海外インテリア奥深~い世界へようこそ!
こんにちは、千葉まどか◆おしゃれ部屋エバンジェリストです。

海外のサイトでよく見るDIYビフォー/アフター事例

アメリカのインテリアサイト Apartment Therapy なんかで、
こういうの

before

↓ ↓ ↓

after

via Apartment Therapy

家具の表面のお化粧を変えることで、ガラッと生まれ変わっちゃう事例

before

↓ ↓ ↓

after

via Apartment Therapy

をよく目にはしますが、すごいなぁ~と思いつつも、
どこか遠い海の向こうの出来事っつうか、現実味を感じることができませんでした。

 

ところがこの度、家具の化粧直しによる七変化を目の当たりにする機会があり、
こういうことだったのかーΣ(゚д゚;) と、

ヘレンケラーのwater!のような衝撃

ガラスの仮面

を受ける体験をしましたので、皆さんにも共有させていただきます♪

友人D子の冒険

私の友人で、私と同様、DIY興味津々目女子(以下、略してD子)からの相談。

無印AVボード

D子「無印のAVボード、もの足りなくなってきた~。北欧ヴィンテージみたいにできないかな?」

私 「オイルステインっていうので木目を生かした着色ができるよ~、調べてみて~」←※自分はやったことない

 

もちろん私は手伝うつもりだったのですが、気が付くとD子はすでにやり終えていました。

D子「気に入らない・・・( ̄* ̄ ) まどかちゃんの壁に塗ったグレーで塗り直したい!」

 

・・・というわけで、さっそく見に行ってみると、

Before

無印AVボード

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

After~ ヘ(゚∀゚*)ノ!

無印キャビネット

英国アンティークさながらの出来栄え

私の感想は、

いいじゃないですか (・∀・)!

オイルステインの上からニスを塗ったそうですが、

無印

英国アンティークのパティナ(古艶)を思わせるような出来栄え ヘ(゚∀゚*)ノ

 

それっぽい取っ手



でも付けたら、誰が無印だと思うでしょうか (・∀・)?

英国アンティークと無印の家具が合わない・・・とお悩みの方には、
こんな方法もあったんですね!

さらに目の前で起きた七変化に驚愕( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

とはいえ、英国アンティークはD子の目指すところではないので、グレーに塗り直すことにしました。

まずは、ニスをはがすためにやすりがけ。

やすりがけ

・・・すると、なんということでしょう目

今度は、ACME Furniture 風





無印

(または小学校の机風の)ラスティックな風合いに仕上がってきたではありませんか!

 

さてお次は、

ペイント

ペイントすると・・・

ペイント

フレンチテイストにっ!

さぁ、通しでビフォー/アフター

Before 無印

無印AVボード

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 英国アンティーク

無印

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ラスティック

やすりがけ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ フレンチ ヘ(゚∀゚*)ノ!

ペイント

 

いかがでしたでしょか?

家具はかたちも重要ですが、同じかたちでも
仕上げによってここまで印象が変わるということがよくわかりました。

家具を長ーく使う文化を持つ海外の人々には見慣れた光景なんでしょうが、
私にとってはあらためて驚きなわけで、
まだまだインテリア道は奥深いのだなぁ、と感じた次第です (・∀・)

 

 

お楽しみいただけたら、ぜひクリックを!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ 人気ブログランキングへ

2つのブログランキングへのリンクとなっていて、それぞれランキングサイトが開きます。
クリックでこのブログに投票され、順位が上がります。 

スポンサーリンク