スポンサーリンク

海外インテリアみたいな部屋をDIYでつくっちゃおう!
こんにちは、千葉まどか◆おしゃれ部屋エバンジェリストです。

前回の劇的ビフォーアフターの記事では大変失礼いたしました m(_ _)m。

ヘッドボードDIYの続き

そして、お待たせしました~っ!
ヘッドボードDIYの続きです。

イエローグレー でまとめようという、私のベッドルーム改造計画。




via: Little Green Notebook | DIY Tufted Headboard(作り方が載ってます)

こういうtufted(ボタン留め)のタイプをつくりますよ~。

 

前編をまだ読んでいない方は、こちらを先にどうぞ↓
ベッドルーム改造計画(11)ヘッドボードDIY大作戦:前編

スポンジをサイズオーダー

有孔ボード、生地、くるみボタンの次に用意したのは、背あてになるスポンジ。

こちらも有孔ボードと同様、そんな思い通りのサイズのものは売っていませんでしたが、
好きなサイズで作ってくれるスポンジ専門店が楽天にありました ヘ(゚∀゚*)ノ♪
厚みは、Jenneyさんのすすめに従い、チープに見えないように厚めの7.5cmで。

スポンジ

高さは、有孔ボードは床に置くから100cmだったけど、
スポンジはマットレスより上だけあればいいから、50cmにしました。

 

<反省点>
しっかりしているほうがいいかと思い、私は3種類ある中で一番硬い黒色にしたのですが、
ボタンがグッと引っ込みやすいよう、もっと柔らかいほうがよかったかもしれません。


ボタン位置を決めるのに四苦八苦(°Д°;≡°Д°;)

さぁ、いよいよtufted作業の準備に入ります!

ボタンの位置を決めて、有孔ボードに印を付けていきます。

有孔ボード

いろいろ試行錯誤して3回ぐらいやり直しています。。

有孔ボード

有孔ボードの穴の数は入手してみないとわからないので、
与えられた条件を生かして、ベストな位置を探ります。

端から何個目から始めるか(左右同じになるように)、上下の空きはどうするか、
タテヨコ何個間隔で配置するか・・・なかなか難しいです ( ̄* ̄ )

もう一度これ見て

有孔ボード

上から1行目、横が7個間隔です。
きれいに作るには2行目は1行目の穴と穴の真ん中に位置するのが理想なのですが、
この場合右寄りになってしまってます。

穴の数によってはしょうがないんすよ・・・(´д`lll)  ここが有孔ボードの限界ですな。
Jenny先生のもこうなっていたので、まぁよしとしよう (・∀・)!

地味すぎる作業は続くよどこまでも

次に、ボタンの位置をスポンジにもマークしていくのですが、

マーク

Jenny先生の例

 

私のスポンジは黒くてマジックで書いても見えないんですけどっ( ̄□ ̄;)!!

ペイントマーカーも持ってないし、どうするかなぁ・・・

そうだ

綿棒

綿棒を穴に入るように綿をむしり取り、

綿棒

マニキュアをつけて

スポンジ

おぉ~、うまくいった ヘ(゚∀゚*)ノ!

 

そしてマークの部分を、ボタンがうまく沈むように、

カッター

カッターでくり抜き、むしり取っていきます。

スポンジ

なんじゃこりゃあ ((((((ノ゚⊿゚)ノ

スポンジ

スポンジ

ボタンがすっぽり入るぐらいの大きさにしました。

 

<反省点>
ボタンがグッと引っ込んでるほうが出来上がりとして美しいので、
穴はもう一回り大きくてもよかったかもしれません。

 

スポンジ

でけた (・∀・)! 全工程中、ここが最もジミな作業といえましょう。

 

そして、
で、有孔ボードにスポンジを接着します。

スポンジ

地味すぎてつまんなかったかもしれないからサービスショット

今日はここまでにさせていただきますが、後編のチラ見せを♪

 

ヘッドボード

記念すべき1個目のボタンが付いたところです ヘ(゚∀゚*)ノ

 

それでは皆さま、完結編をお楽しみに~♪

 

 

お楽しみいただけたら、ぜひクリックを!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ 人気ブログランキングへ

2つのブログランキングへのリンクとなっていて、それぞれランキングサイトが開きます。
クリックでこのブログに投票され、順位が上がります。 

スポンサーリンク