スポンサーリンク

海外インテリアのように退屈じゃない家具を考えよう!
こんにちは、千葉まどか◆おしゃれ部屋エバンジェリストです。

意外すぎる方からのパーティーへのご招待

今までお客さまに何件か提案・納品してきた、システム収納家具専門店 ギャラリー収納

ギャラリー収納

3月28日に青山店がオープンするとは聞いていましたので、いつか表参道に用事があったときに
寄ってみよーっと、と思っていたら、

 

案内状

営業担当の方から、オープニングレセプションの案内状が届きました。

 

あらっ目、私なんてお得意さんってほどではないのに、ご丁寧に?

どれどれ、と手紙を開いてみると、担当の方の直筆で次のように書いてありました。

千葉様、
お世話になっております。
弊社社長が千葉様のブログを拝見したようで、ぜひレセプションに来ていただきたいとのことで、
案内状をお送りさせていただきました。
お忙しいとは存じますが、お越しいただけましたら幸いです。
心よりお待ち申しあげます。

 

え、え~っ (°Д°;≡°Д°;)

私のブログって、もしかして、

見直したよ、ギャラリー収納


のこと?

社長に「見直したよ」とは、どんだけ上から目線・・・(///∇//)。

 

でもせっかく呼んでいただいたから、と行ってきました~♪

大谷社長、登場!

新しくオープンしたギャラリー収納 青山店は、骨董通りのニッカウヰスキービルの1階。

ニッカウヰスキー

ぴかぴかの新築ビルじゃないのが逆によく、お店の奥のテラスなんて趣があってとっても素敵でした♪
写真なくてすんません。

 

担当の方に新製品のお話などをうかがっていると、

「あっ、社長」

ギャラリー収納は、大谷産業という会社が運営しているのですが、
ついにその大谷社長の登場です (・∀・)!

開口一番、「会いたかったー」とおっしゃってくださり、
“見直したよ” がうれしかったと言われたときは、穴があったら入りたいほど恥ずかしかったですが、
ビールを持ってきてくださったり、とても気さくな方でした。

なんでも、社長が私のブログ記事を読んで、誰が担当か営業の方に聞きまわって見つけ出し、
レセプションにぜひ呼ぶようにと言ってくださったのだそうです。恐縮です。。

大谷社長、拙ブログに目を留めてくださって、ありがとうございました♪

さらに見直したよ、ギャラリー収納

さてさて、青山店の様子はというと、銀座店などとは少し趣向を変えているそうで、
マンションを意識した展示になっているとのことでした。

ブログに書くつもりではなかったため、写真が少ないのですが、

ギャラリー収納

鏡面仕上げのベージュに天板は木目なんて、とってもおしゃれだと思いました♪

ギャラリー収納

こちらは、同じベージュでももう少しマットなもの

ギャラリー収納

このテーブルなんて、なかなか他にはなくて素敵ですよね (・∀・)

ギャラリー収納

こちらは新しい、Eシリーズ。エレガントのEの意味ですが、とっても新鮮ですね♪

ギャラリー収納

従来のシンプル路線を極力保ちながらも、新しい要素を取り入れていこうという
チャレンジがすばらしい ヘ(゚∀゚*)ノ

これ以外にも、エルメスを思わせるラグジュアリーな革の取っ手が付いた移動式家具や、
収納ではないコーヒーテーブルなどにも、ステキなものがたくさんありました。

まとめ

かつて一世を風靡したシステム収納家具。
あまりにも整然とピシーッと揃い過ぎていたり、シンプル過ぎる扉であらゆるものを覆い隠そうとしたり
するところが、私にとってはつまらなく感じられたものですが、いまやギャラリー収納はそうではありません。

システム収納=古い、普通の置き家具のほうがいい、という決め付けはやめにいたします。

ギャラリー収納は、その強みであるシステム家具のよさは守りつつ、
デザインではむしろ一般家具メーカー(すべてではありませんが)より、先を行っているように思います。

具体的には、
・木目一辺倒から脱して、塗装の家具を増やしているところ
・やたら扉で目隠しするのではなくオープン棚も積極的に提案しているところ
・ベージュやグレーなど、今どきの色を取り入れてるところ
・モダン一辺倒から脱して、エレガント要素をついに取り入れたところ

などなど、時代を見据えて進化し続けているのがすばらしいですね ヘ(゚∀゚*)ノ

今後もさらなる展開を期待しています。

 

ということで、皆さまも青山に行かれた際には、
新ギャラリー収納を訪れてみてはいかがでしょか (・∀・)?

 

 

お楽しみいただけたら、ぜひクリックを!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ 人気ブログランキングへ

2つのブログランキングへのリンクとなっていて、それぞれランキングサイトが開きます。
クリックでこのブログに投票され、順位が上がります。 

スポンサーリンク