北欧らしい、ジオメトリックなデザインの
Bloomingville の花びん2個セット 再入荷してます!
 

 

海外インテリアを現地で体験しよう!
こんにちは、千葉まどか◆おしゃれ部屋エバンジェリストです。

 

おーっと、昨年のロンドン旅行から1年経っちゃった

ということで、今日のところは急いでジェレミー君完結編と、
近いうちにインテリアフリークのための
ロンドン情報(1年前じゃ古いか…汗)をまとめます。

この1年で、airbnb もだいぶ浸透しましたね (・∀・)

 

ロンドンで、27才のイギリス人男子、フリーカメラマンの
ジェレミー君(以下、J君)といきなり同棲することになったワタクシ♪


 

右から、ジェレミー、幼馴染のアレックス、私。

 

(7)までを読んでない方は、先にお読みくださいませ。
Airbnb 初体験記 in ロンドン(1)あぁ勘違い・・・編
Airbnb 初体験記 in ロンドン(2)27才男子との幸せな朝ごはん♪編
Airbnb 初体験記 in ロンドン(3)J君のお宅探訪 編
Airbnb 初体験記 in ロンドン(4)私の身があぶない?!編
Airbnb 初体験記 in ロンドン(5)パーティー編
Airbnb 初体験記 in ロンドン(6)サタデーナイト編 その1
Airbnb 初体験記 in ロンドン(7)サタデーナイト編 その2

 

ヘルシー志向と欲望のはざま男子。

J君は、毎朝6時半に起きて水泳へ。

なので夜は11時ぐらいには寝てしまうようで、
私がディナーを終えて帰ってくるとだいたいいつも寝ちゃってます。

(ちぇっ、ジェレ男もう寝てるのか、つまんないの~)

と思いつつ、

よそのお宅のリビングルームを独占して、
コーヒーを飲みながら、Facebookやメールをチェック…
という伸び伸びした行動が旅先でできるという、
airbnb ならではの至福を楽しんでおりました :*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

話は戻り、そんなヘルシー志向のJ君なんですが、
実は 欲望とのはざまで葛藤 しているのが
垣間見えてまことに人間らしい♪

 

日本でもまぁまぁ知られるようになった、

電子タバコ



こういうのね

を彼はふかしています。

これも一応ヘルシー志向のあらわれみたいなんですが、
飲みに行ったときとか、緊張するシーンの前には、
なんだかんだ言い訳しながら
本物のタバコを買って吸っていました ( ´艸`)

(イギリス人はスモーカー多いです)

 

またあるとき、私は、
そういえばヨーロッパに来たのになんか足りないなぁ…
そうだ、生ハムとチーズを食べてなかった!
ということに気付き、フードマーケットに行ったついでに、
J君へのおみやげも兼ねて、
生ハムとチーズを買って帰りました。

 

喜んでくれるかな ((((o゚▽゚)o))) ワクワク

と思ったのに、

「あー、ごめん、太るから・・・」

と言われ、(´・ω・`)ショボーン

 

そして翌日、外出から帰ってきて、
そうだ、生ハムとチーズでちびちびやろう♪
と冷蔵庫をのぞくと、

 

生ハムがむちゃくちゃ減ってるやないか Σ\( ̄ー ̄;)

 

本当は食べたいJ君なのでした  ( ´艸`)

 

 

そんなストイックにしなくていいいじゃん、
ヘルシーコンシャスなんてブームやめて、
もっと好きにしたらいいYO!

なーんて、悪の道へ誘ってたら、

私の使った「stoic」という単語が珍しかったみたいで、
おもしろがっていました (°∀°)b

日本ではわりと「ストイック」って言う気がするけど、
英語であんまり使わないのかな?
使い方が間違ってるのかもね。

 

この感じは、まるでアレではあるまいか

ある日のこと。

夕食後に「今日は私、ブログ書くよー。Youのこと (・∀・)」と宣言し、

カウチソファに二人で並んで腰かけて、

私は iPad、J君はスマホで何やら見てクスクス笑ったりしています。

 

まずはショップ関連のメール返信をしていたのですが、

少し時間が経つごとに

「ねぇねぇ、ブログ書いた? ((((o゚▽゚)o))) ワクワク」

「あー? Not yet(まだ)」(←冷たい)

 

そして、退屈したJ君は、ザ・シンプソンズのイギリス版みたいな、
ブラックユーモア全開のアニメを見出しました。

 

同じソファに座って、

私:タブレット
J :テレビ見て爆笑

あれ・・・、このデジャヴ感・・・
なんだっけ、これ、この各自が好きなことやってるんだけど一緒にいる感じ・・・

 

そう、これって「家族」に他ならないではないですか (°∀°)b

知らないイギリス人男子と家族感・・・Airbnb っておもしろい♪

 

 

その後、私が iPad でブログを書くことに悪戦苦闘していると、

 

 

「んごーっ (=ρ=)…zzz

 

はい、J君、寝落ちしてます。

 

男子の行動は、世界共通 :*:・( ̄∀ ̄)・:*:
人類はみな兄弟。

ということを噛みしめた夜でした。

 

最後のディナーと別れのプレゼント

最終日、J君がディナーをつくってくれました♪

写真 2
 

食後は、近所の北欧カフェへ。

写真 1
 

いろんなことを語り合い、このステイ中の出来事を振り返って笑い、
お別れを惜しみつつ、最後の夜は更けていったのでした。

 

そして翌朝出発です。

迎えのタクシーが到着した頃、
友情の印に何かあげたいと急に思い付いたらしく、
昔のロンドンの写真をパネルにしたものをプレゼントしてくれました。

二人で大急ぎで私のスーツケースに詰め込んで、
ハグを交わし、慌ただしくお別れしたのでした。

 

ジェレミー、you は本当に、本当に、
最高のホストだったわ~ ヘ(゚∀゚*)ノ

Thank you sooo much!

 

J君情報

私が、you のことブログで推薦するよーと言ったら、

「どうしよう、僕のロゴ(彼の顔をイラストにしたロゴがある)が
日本で超有名になったりして  ((((o゚▽゚)o))) ワクワク」

「どうしよう、日本から airbnb の予約が殺到したりして  ((((o゚▽゚)o))) ワクワク」

などと、喜んでおりました。

(ごめん、私、そこまで影響力ないし)

 

ということで、皆さんにも超おススメの好青年ホスト、
ジェレミー君ちの airbnb 情報・予約は、こちらから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Spitalfields Brick Lane Luxury Flat

 

もし泊まる方がいらっしゃったら、J君にぜひよろしくお伝えくださいませ。
ただし、このブログを詳しく訳して伝えたりしないでね (^▽^;)

 

以上、長期連載をお読みいただきまして、ありがとうございました♪

 

 

nest interior
北欧モダンなインテリア雑貨
ショップはこちらから
 

お楽しみいただけたらクリックを!

にほんブログ村 インテリアブログへ 人気ブログランキングへ

2つのブログランキングへのリンクとなっていて、それぞれランキングサイトが開きます。
クリックでこのブログに投票され、順位が上がります。