スポンサーリンク

心はずむ海外インテリアを、日本のマンションで楽しもう!
こんにちは、千葉まどか◆おしゃれ部屋エバンジェリストです。

 
私のお気に入りの、北欧の伝統的な鹿の置物をご紹介します。(ビンテージモードで撮影してみました。)

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-鹿
 

…ごめんなさい、ウソです。

これ実は、日本の張り子なんです!
そう、首がひょこひょこ動く張り子の虎で有名な、あの張り子です。

どことなく北欧チックに見えませんか?

鹿ということでおわかりかもしれませんが、奈良のものです。

最近、張り子がひそかなブームなのか、インテリアショップでも見かけることがありますが、
あの曖昧な輪郭が、どうも私は苦手でした。

ところがこの鹿の、パキッと凛々しいことときたら!

白い斑点の美しいコントラスト、大胆に細い脚、何も考えてなさそうなすっとぼけた目、
そして二頭セットであること。

あまりの可愛さにひとめ惚れして買ってしまいました♪

若松河田にある、備後屋という民藝のデパートのようなお店で取り扱っています。
確か3,000円程度。

※「民藝」については、別のエントリーであらためて触れたいと思います。
ご興味がある方は、今日のところは日本民藝館のページをご参照ください。


この備後屋さんには、地下から4階まで、ありとあらゆる民藝の品があり、
もしかすると日本一の品揃えかもしれません。
外国の方にも、きっと鼻の穴を膨らまして喜んでいただけると思います。

 

さて、前段が長くなりましたが、本題です。

おしゃれな部屋を志し始めると、かっこよく、シンプルで、統一感があって、
シャープで、クールで、キメキメにしてしまいがちです。

しかし、私は今の時代、それこそがかっこよくないのではないかと考えています。
お客さんに緊張させてしまうほど生活感がなかったりするのは、おすすめしません。

お客さんも自分もくつろげる、居心地のいいインテリア、それがこれからのトレンドになっていくと思います。
何しろ、家はくつろぐところですから、ね。

そこで欠かせないのが、先ほどの鹿のような、なごみ系・おとぼけ系アイテムです。

こういう遊び要素があると、人はホッとして気を許すことができます。
それはもちろんお客さんだけではなく、毎日そこで過ごすあなた自身をも安らがせます。

 

今日もお楽しみいただけたらクリックを♪
にほんブログ村 デザインブログ インテリアデザインへ
おひとり1日1回ランキングに反映されます

スポンサーリンク