スポンサーリンク

3/25まで日本民藝館で開催されている「スリップウェアと西洋工芸」

スリップウェアとはこういうのです
部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-plate 英国 18世紀後半-19世紀後半


スリップウェアももちろんステキだったのですが、
付け合わせ(?)として飾られていた、


グレゴリオ聖歌の楽譜♪

というものに、ハートをわしづかみされました~♡


西荻のアンティークショップ、アンタイディーさんのブログ過去記事に素敵なものがありました!
画像を引用させていただきます。

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-untidy

アップで
部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-untidy2

わーかわいい(>▽<)!


他にも、世界中から探してみた

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-gregorian1

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-gregorian5

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-gregorian4

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-gregorian2

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-gregorian7

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-gregorian3

(引用元は、各画像のリンクからご覧になれます)


なんで楽譜がわざわざこんなにかわいいの(>▽<)?

イニシャルの装飾とか、カリグラフィーとか、ぱらんぱらんした音符とか
たまりませんね!

素材は紙じゃなくて羊皮紙だそうです。雰囲気あります♪

民藝館では、アンティークというよりは使い込んだいい感じの木製フレームに入れてありました。
上の角は丸くて、下は直角の。その額装がまた素敵でした。


グレゴリオ聖歌の楽譜って・・・いやぁ、すみませんが、まったく知りませんでした。

人類の歴史上に、
こんな素敵なものがあったとは!

民藝館は、日本のものだけでなく、世界中の趣味のよいものを所蔵しているんですねぇ。
すばらしぃー。

そして、楽譜が分厚い本になったかたちでも展示されていました。

そ、そんなにあるなら、1ページ分けてくださーい!



お読みいただいてありがとうございました!
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
応援の1クリック、ぜひお願いします♪

スポンサーリンク