海外でがんばる若者ってすばらしい!
こんにちは、千葉まどか◆おしゃれ部屋エバンジェリストです。

 

スウェーデンで注目される日本人作家さん

今年の夏、スウェーデン ストックホルムの陶磁器ギャラリーを訪れたとき、
目が釘付けになった素敵なコーヒーカップがありました。

sIMG_4456

北欧らしいシンプルなフォルムに、石のような美しいパターン。

石じゃなくて、セラミックに模様が描かれているのですよー。

スウェーデンで活動する若手陶芸家、大矢真義(おおやまさよし)さんのブランド、
Studio Oyama(スタジオ オヤマ)のものでした。


Studio Oyama のステキなプレートたち♪(残念ながら日本未発売です)

 

日本 × スウェーデン。

2つの国の文化、デザイン、工芸、感性、経験が、彼の中でミックスされ、かたちになるのでしょう。

多くの作家の作品の中で、さりげなく、しかし強く、個性が光っていました。

 

日本で陶芸を学んだ後、スウェーデンに渡ったという、


Masa さん

海外でさらに羽ばたこうとする若者、素晴らしいじゃないですか!

スウェーデンで高く評価され、2016年秋には House of Rym のカップ&ソーサーの デザイナーとしても起用されました。

1084_p

大矢さんデザインの House of Rym のカップ&ソーサーとポット

 

いま、大注目の作家さんです。

 

シンプルに見えて考え抜かれたデザイン、とみた

その Studio Oyama デザインの、素敵なコーヒーカップを、nest で取り扱いはじめました!


 

直径7.4 cm x 高さ7 cm と、手になじむサイズ。

今のところ 5種類ご用意があります。



針葉樹からインスパイアされたパターンが、ツンツンして、かわいい。

柄のおもしろさだけでなく、そのかたちにもぜひ注目してみてください。



シンプルに見えて、縦横比のバランスの絶妙さが、ただものではありません。

ほっとする親しみやすさと、完璧なデザインの緊張感、その両方が重なる数ミリのゾーンをねらっているように思えます。



取っ手もしかり。

ただ丸くすりゃいいってもんじゃない。やたらエッジを利かせればいいってもんじゃない。

しっかり持ちやすく、キリッと美しく、バランスのよいデザインです。


 

そして、最初はデザインに惹かれましたが、使ってみたら、なぜかコーヒーのとてもおいしく感じられること!

おそらくこのサイズ感だと思います。

容量は150ml。いわゆるちゃんとした(?)カップ&ソーサーでいただくコーヒーのカップの容量です。

一般的なマグカップはもっと大きいですが、どうしてもガサツ感というか、ガブ飲み感が出てしまうもの。

ふだん使いにソーサーはめんどくさい、でもマグカップは優雅じゃない、とお悩みの方におすすめです。

カップスープなんかにもいいと思います。

 

複数お使いの場合は、 同じ柄で揃えるもよし、柄+無地の組み合わせもおしゃれです。

ぜひ、おひとついかがでしょうか~♪

 

nest interior
本店 Studio Oyama はこちらから
nest interior
楽天 Studio Oyama はこちらから
 

お楽しみいただけたらクリックを
にほんブログ村 インテリアブログへ 人気ブログランキングへ
2つのブログランキングへのリンクとなっていて、それぞれランキングサイトが開きます。
クリックでこのブログに投票され、順位が上がります。