スポンサーリンク

心はずむ海外インテリアを、日本のマンションで楽しもう!
こんにちは、千葉まどか◆おしゃれ部屋エバンジェリストです。

 
3月の初め、渋谷区松涛にある戸栗美術館を訪ねました。
東洋陶磁器専門の美術館です。

震災後、もしかして割れてしまったものもあるかもしれない…と心配になり、
戸栗美術館のブログを確認してみたところ、作品に被害はなかったとのこと。
よかったです。。

展示内容は「鍋島展 ―献上のうつわ― 」

$部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-nabeshimaten
 

ナベシマって誰よ?という方のために…

ときは江戸。
佐賀藩の鍋島家が、将軍などへの贈り物として作っていた磁器が
「鍋島」です。

つまり、一般庶民はいくらお金を出しても手に入れることを許されない、
セレブ専用のうつわだったのです。

そうした性格のものですから、藩の威信をかけて作られ、
その芸術性は、どこまでもどこまでも高められていったのでした。

鍋島の上品かつ独創的なデザイン性の高さには、本当にうっとり…
まさに日本最高峰のうつわといえましょう。

まあ、落ち着いて(→私)、その美麗さをご覧いただきましょう!

 

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-nabeshima1
 

皿という小さな丸い宇宙いっぱいに、絶妙にレイアウトされた3つのひょうたん。
紐の動きまでいきいきとデザインされていて、波の上でたゆたっているようです。
地の色は白。両脇のひょうたんを塗りつぶし、背景も模様で埋めつくすことで、
真ん中の白いひょうたんを浮かび上がらせるニクいテクニック!色もきれいですねぇ。

 

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-nabeshima2
 

青磁(緑色のところ)と染付け(青い部分)の組み合わせの鍋島は、幕府財政が厳しい時期に、
色数を抑えよという倹約令のもとにつくられたものですが、むしろ2色なのがステキ!
荒波と水車を組み合わせたデザインは、今見ても斬新ですが、この時代としては超斬新ですね。

 

$部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-nabeshima tsubo
 

こちらは私のちょーーお気に入りです!
だって、磁器であるお皿の中に磁器である壺があるのですから!その遊び心ったら!
だって、壺のひとつひとつが違う色や柄だったりするのですから!凝ってるにも程があります。
しかも柄のひとつがひび割れですよ!もはや柄ではありません。
江戸時代にテクスチャーを表現するという概念があったとは、驚異的です。

 

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-nabeshimaa
 

こちらは鍋島によく見られる、吉祥文様といわれるお宝満載の柄です。
献上品ですから、お祝いの時などに使われたのでしょうね。
色鮮やかに賑やかに、いい仕事してますね!

 

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-nabeshimab
 

舞うように優美に飛ぶ、二羽の鳳凰を描いたお皿です。
背景は、あえて無地にすることで空間を表現し、鳳凰の優美さ、端正さをさらに引き立てています。

 

私が鍋島に初めて出会ったのは、栃木県足利市の栗田美術館でした。
よく知らずに寄ったのですが、伊萬里、鍋島をコレクションした世界最大級の陶磁美術館で、
質・量ともに圧倒的な、それは素晴らしいものでした。

世に数々の陶磁器がある中で、創立者の栗田氏が他のものにはまったく目もくれず、
伊萬里と鍋島だけを、これでもか!というほど集めたこの美術館は、
鬼気迫るものさえ感じました。

来ていたおばさま達が「まだあるの~」とネを上げていたほどの量なんです!

もちろん、量だけでなく、質や展示環境も素晴らしいですよ。

東京からもさほど遠くありませんので、ぜひ一度訪れることをおすすめします。

 

権力というものは、いろいろな側面がありますが、
洋の東西を問わず、芸術をあり得ないほどの極みに到達させるのに一役買ってきた、
という事実は見過ごせませんね。

 

お読みいただいてありがとうございました!
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ 人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
応援の1クリック、ぜひお願いします♪

スポンサーリンク