スポンサーリンク

先日、BEAMSのfennica blogで紹介されていたのを見て思い出しました。

ステキな敷物のことを♪

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-fennica


その名は、倉敷緞通(だんつう)。

緞通っつうのは、手織りのカーペットのことです。

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-kurashiki
私は小ぶりなのを持っとります♪ 数年前に倉敷で購入。


倉敷緞通とは?

詳細は、倉敷緞通公式ページにありますが、簡単に歴史とともにご紹介します。


その名の通り、岡山県の倉敷でつくられている敷物ですが、
倉敷は昔からイグサの栽培が盛んだったそうです。

昭和の初期に、イグサをベースに使った、
外国人の好みにも、日本の和洋折衷の建物にも合う敷物が考案されました。

それに染色家・芹沢銈介によるモダンなボーダーのデザインが加えられ、
「倉敷緞通」と呼ばれるようになりました。

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-kurashiki5
裏がイグサに和紙テープを巻いたもの、表は麻レーヨン混紡糸がループ状になってる

民芸の父である柳宗悦氏が名付け親だそうです。

最近話題の塩谷瞬さんが、
部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-shioya
映画「道-白磁の人-」で演じたのが柳宗悦よ♪

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-kurashiki7
ネイビーもいいねグッド!
昭和30~40年代頃には、倉敷特産の工芸品として全国で大人気に!
なったものの、原材料価格の高騰や職人の高齢化などで、
1986年に生産停止となってしまいました。。

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-kurashiki8

しかし1992年、「いいものは残したい」という思いから、伝統産業復興研究所が発足、
生産が再開され、現在ではBEAMSなどでも取り扱われるようになりましたとさ♪

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-kurashiki4
現在、柄は7種類

さわやかなイグサを使っているからでしょうか、
その印象は、なんつーか、タイト知的清廉。畳にも合う。

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-kurashiki6

どこにでもあるボーダーに見えて、

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-kurashiki3

ありそうでないデザインでしょ?


小さいマットもかわいいですが、
実は大き目のラグサイズ、

・182×182cmの二畳サイズ(参考までに、BEAMSで75,600円)
・273×182cmの三畳サイズ

が、ねらいめかと、ひそかに思っております。

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-fennica
サイズは定かでありませんが、こんなイメージ

購入できるところが限られているのが難ですが、BEAMSか、
または倉敷緞通の問い合わせ先に聞いてみてはいかがでしょうか。
問い合わせ先は >>コチラ

ラグでお悩みの方が多いので、選択肢のひとつになりましたら幸いです♪



<関連記事>
染色家・芹沢銈介に魅せられて



お楽しみいただけたら、ぜひクリックを!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ人気ブログランキングへ

2つのブログランキングへのリンクとなっていて、それぞれランキングサイトが開きます。
クリックでこのブログに投票され、順位が上がります。
どなたでも投票いただけます。何も登録などされませんのでご安心を♪

スポンサーリンク