エジソン電球が引き立つ魅惑のランプです♪
 

 

アートポスターで壁を気軽に飾ろう!
こんにちは、千葉まどか◆おしゃれ部屋エバンジェリストです。

 

ウォーホル展ポスターのために、PC・スマホ前にご集合いただいた皆さま、
ありがとうございました。

おかげで2分で完売いたしました m(_ _)m

 

マンションの悩み、ヘンな柱を逆手に取って盛り上げよう

さて、ワタクシのリビングルームおとな北欧化計画。

ブログアップが追い付いてませんが、順調に進んでおります (・∀・)

 

本日採りあげるのは、マンションにありがちな残念な柱。

昔の写真を引っ張り出してくると、

Before


 

お皿を飾ったり、


 

アルファベットとか、これはなんでしょう、勲章?みたいなのを飾っていました。

こういう、ちょっと too much、ちょっと悪趣味みたいなのは、
私の根底に流れる好み (°∀°)b ですし、今も好きなんですが、

まぁ少し飽きたし、北欧モダンなおとな系モノトーンに
まとめるために見直すことにしましたよん。

 

柱はやっかいなものですが、スペースが限定されているという点では、
最初から「コーナー」になっていますから、デコレーションしやすい場所といえるわけで、
積極的に攻めるのがよろしいと思います♪

 

“ちょいエレ” がキてると思う

北欧トレンド リアルタイムウォッチャーを自任する私ですが、
最近の北欧でキてるなぁ~と感じるのが、
「ちょいエレガント」と「ボタニカル(植物の)モチーフ」のポスターです。

詳しくは後日またご紹介しますが、
本日のところは、”ちょいエレ” なポスターを飾ったよ (・∀・)、というお話です。

 

まず、お見苦しいですが…要らないコピー用紙をつなぎ合わせて、
飾ろうとしているポスターのサイズにし、

sIMG_3031
ナニゲにモールディング貼り終わってますが、仕上げがまだなの

 

マスキングテープで貼って、位置決め。

 

下の黒革のストラップ状のものは、

nest で扱っているこちら



 

でして、


 

こういうふうに、雑誌をディスプレイしようと、シミュレーション中♪

 

ところで、下にチラッと写ってる

sIMG_3039
 

Union って雑誌、皆さんすでにご存じでしたでしょうか?

私は Amazon で KINFOLK とか見てたら出てきて知ったのですが、
このコジャレっぷりにして、なんと日本の雑誌なんですと Σ(゚д゚;)!

さっきのストラップに丸めて飾ろうと思って注文したのですが、
届いたら雑誌なのにハードカバー Σ(゚д゚;) で目論見はずれ…

しかし、本当にクオリティが高くて美しく、
ですが、全編英語 Σ(゚д゚;) なので、読むのめんどうくさく、
お前にはまだ早い!って感じでした。

コーヒーテーブルブック(飾り用)として愛でたいと思います♪

 

After~ ヘ(゚∀゚*)ノ

大幅に話がずれてすんませんでした。

 

では、After~ ヘ(゚∀゚*)ノ!

 

sIMG_3035
 

※ストラップは未完

 

sIMG_3038
 

ちょいエレガントであると同時に、
ちょい毒をはらんだ悪趣味ぎりぎり感が私好み (°∀°)b

フレームに入れるとキまりすぎるかなぁと思い、
シルバーのストライプのマスキングテープで貼りました。

 

sIMG_3043
 



※麻のカーテン、めずらしく洗ったらシワがすごいことに (ノ゚ο゚)ノ アイロンかけないとねー
※ストラップは重みに耐えきれず、落ちました。。

 

イギリスの妖しいアーティスト、Ruben Ireland

最後に、このポスターのアーティストを少しご紹介。

Ruben Ireland というUKの男性イラストレーターです。

 

2045044_5313592_lz
 

こちらのポスターを、海外インテリア画像で見かけたことがあるかもしれません。

 

5842693_13962788_lz

 

こちらの1枚は、 nest で取り扱い中です。

 

独特な世界観があって、
そのダークなおとぎの世界には、思わず引き込まれてしまいます。

動画にまとめられているのを見つけましたので、よろしければご覧ください。



アク&刺激が強すぎたかな?

今日はちょっと私の趣味に走り過ぎてしまったかもしれません。

 

皆さまのためには、もっと穏やかで、
素敵な “ちょいエレ” ポスターをオーダーしていますので、
あらためてご紹介させてください (・∀・)/

 

nest interior
北欧モダンなインテリア雑貨
ショップはこちらから
 

お楽しみいただけたらクリックを!

にほんブログ村 インテリアブログへ 人気ブログランキングへ

2つのブログランキングへのリンクとなっていて、それぞれランキングサイトが開きます。
クリックでこのブログに投票され、順位が上がります。