スポンサーリンク

海外インテリアのように無造作感をうまく出してみよう!
こんにちは、千葉まどか◆おしゃれ部屋エバンジェリストです。

鎌倉のすてきカフェで哲学カフェ

当ブログを通じてお知り合いになった素敵な方に誘われて、
昨年から「哲学カフェ」なるものに数回参加しています。

最初聞いたときは、猫カフェなどの延長線上のもの?と思ってしまいましたが、
Wikipedia によると

哲学カフェ(てつがくカフェ、仏: café philosophique)は哲学的な議論をするための草の根の公開討論会。

1992年にパリで生まれた活動だそうで、日本では大阪から始まり、じわじわと広まっているようです。

私は(他の参加者も)哲学の知識などまったくありませんが、その日のテーマに沿って、
知らない老若男女と好き勝手に話すというのがなかなか楽しいんです♪

で、そうそう、本日の本題ですが、
その会場となっている、鎌倉の Cafe Terreverte(カフェ テールベルト)さんに、
おっ 目!と思うインテリアの工夫がありましたので、皆さまに共有させていただきます。

アートをフレームに入れずに飾るナイスアイデア

カフェ テールベルトは、こんなお店で↓

テールベルト

いい感じに力が抜けた、とても居心地のよい空間♪
北欧の食器類なども販売しています。

そこで私が注目したのは、この絵の飾り方 ヘ(゚∀゚*)ノ

アート

糸を使ってアートを留めているんですね!

アート

うまく角で結び目を作って、よく考えたなぁ~と感心。
基本のシンプルな画びょうってところがまたいい♪

アート

中間は、ずれちゃうからか? ざっくりとクリップで留めてるワイルドさがまたいい♪

無造作感がおしゃれな雰囲気をもたらす

アートに傷を付けたくないための工夫なのかもしれませんが、
いい感じのリラックス感を醸し出していて、とても素敵だと思いました (・∀・)。

超フツーの画びょうとクリップなのに、オーナーの方のセンスのよさがにじみ出ちゃっていますよね!
糸はちょっとこだわってるかな?

この手作り風の絵の飾り方とか、
先の店内写真の照明コードをぴろ~っと好きな位置に持ってきているのとか、
こういう無造作感が日本のインテリアには欠けがちだと思うのです。

あまりにもカッチリとキまりすぎていると、古い感じ、堅苦しい印象を与えますし、
無造作感があるほうが、その空間を使いこなしている、住みこなしている感が出て、
魅力的だと思うのです (・∀・)。

例えば、マスキングテープをちぎったので貼ったりとかでもいいんですが、
一見テキトー風、実はセンスよく、というのを皆さんもぜひ挑戦してみてください♪

 

 

お楽しみいただけたら、ぜひクリックを!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ 人気ブログランキングへ

2つのブログランキングへのリンクとなっていて、それぞれランキングサイトが開きます。
クリックでこのブログに投票され、順位が上がります。 

スポンサーリンク