スポンサーリンク

H.P.DECO系列のお店にあるような、キノコとかクラゲとか、人体の一部オブジェとか、
鹿の角とかに、妙に惹かれます♪

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-kinoko Bazar et Garde-Manger キノコオブジェ 3,990円

しかし、はっきり言って、こんなゲテモノたちの、どこがかわいいのか??
自分を含め、一定量の人々にみられる、この‘悪趣味’趣味・・・(^_^;)
それはどこから来たのか?つねづね不思議に思っていました。

この度、その謎が解けました!ので、
皆さんにぜひ共有させていただきたく、書いています。

ふとしたことから「スチームパンク大百科」という魅惑的なブログに辿り着き、

管理人の麻理さん
部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-mari に興味をそそられ、読み進めていると・・・

ヴンダーカンマー(Wunderkammer – ドイツ語で「不思議の部屋」とか「驚異の部屋」の意味。
英語だとワンダールームね。)という言葉を知りました。

ウンタマギルー以来の妖しげな響きを持つその言葉に、胸が高鳴りました♪ (←カンケーない)

ウンタマギルー [VHS]/小林薫,戸川純,青山知可子

15,540円 Amazon.co.jp
沖縄が舞台のおもしろい映画です

ヴンダーカンマーとは、
16~18世紀にヨーロッパで盛んに作られた「珍しいものコレクションを並べた部屋」のことで、
いわば博物館の元祖

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-wunderkammer2 おお~この絵だけでもワクワクしますね♪ 天井のワニは基本アイテムらしい

詳しくは、麻理さんの記事をぜひぜひお読みください。

興味を持ったわたくしは、さらにこちらの本を読んで、研究しました。

愉悦の蒐集 ヴンダーカンマーの謎 (集英社新書ヴィジュアル版)/小宮 正安

1,050円 Amazon.co.jp

現代の博物館と大きく違うのは、モノが細分化・整理されていないところだそうです。

何でもありの、脈絡のないコレクション – ワニの剥製、天球儀、貝殻、動物の骨、
楽器、船の模型、怪しげな道具や機械・・・等々を好き放題~♪に並べます。

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-wunderkammer1 アハハ~、自由すぎ!

ジャンルになどこだわらず、世界というものを丸ごと捉えようとする、
現代の学問にはない大らかさが魅力といえますね。 ルネッサーンス♪

大の大人が、ひたすら珍しいモノ・おもしろいモノを集めることに全情熱を注ぎ
さらに、どう見せるかに工夫を凝らし、独自の世界を築き上げることに悦びを感じていた
というのですから、

・・・それはまさに今、
海外インテリア好きがしていることと同じではありませんか!

笑える意味不明さ、これでもか!と過剰なところも、
とっても私好み(^▽^)に思えます。

実際に訪れてみたいものですが、ヨーロッパでも現存するヴンダーカンマーは少ないそう・・・

それが、さらに調べると、
日本でヴンダーカンマー体験ができる
ところがあるというではありませんか!

こちらです↓

部屋をおしゃれに!マンションで海外インテリア-tokyo univ きゃ~!!ステキな建物!

東京大学の総合研究博物館小石川分室というところです。
こちらで「驚異の部屋 展」として常設展示されています。

なんと無料です。さすが東大、太っ腹!

もちろん、すぐに行ってまいりました。

・・・ええーっ ((((;゚Д゚))))!
そこはまさに、H.P.DECO的趣味の宝庫でした。

なぁーんだ、昔からこういう趣味の人がいっぱいいたんだ!
と安心(?)しました。 Hey, 同志!

次回は、「驚異の部屋 展」の様子をたっぷりお伝えしたいと思います。
いや~、ほんとにすばらしかったです。海外インテリア好きは必見ですよっ。

お楽しみに~♪

<2013.07.11追記>
「驚異の部屋 展」は、2012年9月30日で終了となり、
2013年3月21日より、JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク
としてスケールアップして生まれ変わりました。

<関連記事>
(中編)海外インテリア好き必見!H.P.DECO的趣味のルーツはここにあった
(後編)海外インテリア好き必見!H.P.DECO的趣味のルーツはここにあった
(続編)H.P.DECO的趣味のルーツはここにあった! – インターメディアテク礼賛

お読みいただいてありがとうございました!
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ人気ブログランキングへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
応援の1クリック、ぜひお願いします♪

スポンサーリンク